毛穴の開き

原因の開きの原因 紫外線の悪影響

毛穴の開きを促進させてしまう紫外線。
太陽光線の一部の紫外線は、1年中地球に降り注いでいますが、オゾン層の破壊が懸念されている今は、紫外線が直接肌に届いています。
きます。
紫外線には、A波とB波、C波があり、A・B波が肌に大きな影響を与えます。
A波は肌の真皮層に入り込み、コラーゲンを破壊、シワやたるみの原因となって、肌老化を促進させていきます。

 

B波は、浴びると肌表面をやけどさせてしまい、日焼けします。

 

肌が赤くなる、水ぶくれができる、皮がむけることもあります。
これは、肌の表面や角質層に影響を与えていることで、乾燥、シミ・ソバカスの原因になります。
このように紫外線は肌にとって怖い存在で、浴びたときに、コラーゲンがなくなって肌の新陳代謝が悪くなり、表面からも水分がなくなって、毛穴が開く事になってしまいます。

 

また、毛穴にたまった皮脂(洗い残しなど)を酸化させます。
こうなると、洗顔だけでは落としきれないため、開いた毛穴の黒ずみを作ってしまうことになります。
メラニン色素が分泌され、毛穴の黒ずみを悪化、同時にあちこちしみを作ることになります。
紫外線を浴びないようにするためには、何と言っても日焼け止めをつけることです。

 

これは夏だけではなく、1年を通じて必須アイテムです。
今日の紫外線の影響がすぐに対応するのではなく、後々の肌のしみや毛穴の開きの原因になってしまいます。
何と言ってもコラーゲンを破壊という点で、毛穴を開かせる原因になってしまいます。
紫外線を浴びたるだけで、保湿もなくなってしまっている状態ですから、外出したらなるべく早くメイクを落とすことを心がけます。
そして、毛穴の開きを治すにはすぐに水分を補給し、保湿をします。

 

絶対に紫外線から肌を守ることで、毛穴の開きを改善、防止することができます。
正しいスキンケアの中で、日焼け止めを使用して、紫外線を肌に寄せ付けないことが大切です。
紫外線は肌トラブルすべての敵になります。