毛穴の開き

20代・30代の年代別毛穴トラブルの違いとは?

"毛穴のトラブルは年代によって変わってきます。
20代のころのケアをずっと続けていると、30代になったら合わなくなってしまうこともあります。
20代と30代ではどんな毛穴トラブルの違いがあるのでしょうか?

 

 

20代のころの毛穴トラブルと言えば主に、黒ずみ・角栓のつまりなどがあります。
20代前半は皮脂の分泌が多く、その皮脂が毛穴に詰まって代謝されずに空気に触れると、酸化して黒ずみとなり見た目にも黒くぶつぶつして触れるとザラザラしています。鼻の周りは皮脂の分泌がとても盛んなため黒ずみしやすい傾向にあります。
また古い角質と皮脂が毛穴に詰まってしまう角栓のつまりもこの世代に起きやすいトラブルです。角栓のつまりはそのまま放置してしまうと炎症しニキビになってしまうケースもあります。

 

 

30代になると、皮脂の分泌がある程度減り黒ずみ毛穴や角栓のつまりなどの悩みは少なくなって、その変わりに乾燥と毛穴の開きが目立つようになってきます。
20代と比べ肌の弾力が落ちてたるむことで毛穴がしずく状に開いてくる“たるみ肌”を実感するのがこの頃でしょう。
若いころはハリのあった肌も、コラーゲンが減っていくことで頬は下に引っ張られて毛穴が開いてしまいます。
毛穴が開いているからと言って焦って20代のころのように角栓のケアをしても効果はありません。
30代の毛穴トラブルはきちんとケアした人としない人の差がはっきりと出てきます。小鼻ばかりに集中してケアをするのではなく、肌のたるみを予防することによって改善に繋がるでしょう。