毛穴の開き

背中ニキビの菌はマラセチア菌のものもありまますよ!

背中ニキビの原因はアクネ菌と言いましたが、最近マラセチア菌の存在も発見されました。
身体ニキビを作る菌として、アクネ菌とは性質が違います。
マラセチア菌の背中ニキビは、かゆみや痛みがありません。
顔にできるニキビと違うのですが、素人目では菌の違いはわかりませんね。
ただ、痛くないですから、何かがあると思う程度で、ケアをせずに重症化することが多いので注意は必要です。

 

マラセチア菌は常在菌ですから、体に多く付着しています。
そこに皮脂やシャンプーやボディソープのカス、湿気が多いところが繁殖します。
特に皮脂をエサとすることから、オイリー肌の方、体の洗い方が不足している場合に、マラセチア菌による背中ニキビができる可能性が高いですね。

 

背中に何かができたという時には、化粧水や医薬部外品などで対処することも多いですが、ひどくなるようであれば、必ず皮膚科に行くようにしてください。
正しく治療をするとひどくなる前にきちんと治すことができます。

 

そして、体質的にオイリー肌の方は石鹸などで、きちんと汚れを落とせるものを使うと良いでしょう。
ただし、洗う方法はゴシゴシではなく、刺激をあまり与えず優しく洗ってから、必ず保湿ケアで手入れをしましょう。

 

オイリー肌で背中ニキビができることをストレスに感じることなく、正しいケアをすることで、マラセチア菌のニキビもアクネ菌のニキビにも負けない皮膚を作りましょう。
コチラもチェック背中ニキビを治す方法
背中だけではなく、肩や二の腕、胸にできるニキビもマラセチア菌のものが多いです。